民泊が熱い! - shikonの投資譚(収益不動産)

記事一覧

民泊が熱い!

こんにちは、新しもの好きなshikonです。


クリック応援よろしくお願いします。  

前回の『民泊セミナー参加』の続きです。

以下、あまり私も詳しくないので、差し障りのない内容となります。悪しからず。。

民泊・旅館業の分類としては、
①ホテル・マンションホテル(旅館営業 or 特区民泊)
※東京大田区や大阪市は、特区認定されております)

②カプセルホテル・ドミトリー(簡易宿泊所)

③ゲストハウス(簡易宿泊所)

④民泊マンション(民泊新法)
※民泊新法では、年間180日が上限



マンション1棟ごと旅館業の認可を得る強者もいらっしゃるようですが、一般の個人投資家は、上記の③④といったところが対象でしょうか?

詳細は、確認できませんでしたが、セミナーでは、②のドミトリーの運営でも、業者に丸投げできるスキームが提示されてました。

昨年、業者にホテル運営の営業をしてもらったときは、帳場を任せるアルバイトを(私の方で)採用して、、、、云々、と面倒くさい話をされたのでその場で断念しましたが、、、これなら可能かもと思えるものでした。

ドミトリー運営なんか、楽しそうです。



沢木 耕太郎の深夜特急を読んで、私も学生時代、東南アジアをバックパッカーとして、旅してました。

初めての海外旅行で、とりあえず香港に行き、九龍の重慶マンションで、インド人と交渉して、狭いマンションに泊まり、次の日、地球の歩き方に掲載されていた旺角の日本人のたまり場のドミトリーに、行って色々な情報集めておりました。



民泊ビジネスの主戦場は、大阪と東京になると思われます。

もちろん京都もチャンスがあるのでしょうが、規制が厳しそうです。

その他、福岡、沖縄あたりにもチャンスがあり、今後、インバウンド需要が、全国に広がれば、日本各地で観光施設があるところにチャンスが、生まれると思います。

太陽光発電とか、海外不動産投資には、興味ありませんが、民泊系は、ハイブリットな運営もできそうなので、色々と考察してみたいと思います。

新築している物件では、簡易宿泊所は、やってみる予定です。



民泊ビジネス全般で考えると収益的にも、期待値としては、結構いけてるかもです。

収益還元価格でみると浅草の不動産価格が、田園調布を超える日も近い???



人気ブログランキングへ クリックお願いします。  

(了)
スポンサーサイト

コメント

収益性が高いのは事実ですが、初期投資を回収できずに撤退する方が多いのも事実です。民泊新法の具体的な運営方法が気になるところです。。。

Re: タイトルなし

じゅんさん、メッセージありがとうございます。民泊新法(年間180日が上限)の場合でも、運営業者は、色々と考えているみたいですよ。主戦場は、宿泊所、簡易宿泊所だと思います。資金面や許可、運営と課題はあると思いますが、勉強中です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:shikon999

不動産投資 ブログランキングへ

大学卒業後、一般企業勤務、自営(企業コンサルタント)を経て、現在、投資を生業としております。収益不動産は2006年より、日本株のスイングトレードは、2012年より本格的に行っています。所有物件は、6棟(1棟は、建築中) 130室(区分1室含む)満室想定家賃は、約1.2億円弱/年。東京都在住、196x年生まれです。投資に関する事柄を徒然に、書いていきたいと思いますので宜しくお願いします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: