債務整理系不動産屋とお話 - shikonの投資譚(収益不動産)

記事一覧

債務整理系不動産屋とお話

こんにちは、shikonです。


クリック応援よろしくお願いします。  

不動産関係以外で、知り合った方から、電話あり、会いました。

彼の本業は、不動産屋さんです。

不動産に行き詰った方の債務整理(金融機関等と債務削減の交渉を行う)を弁護士と行う業務をされてますが、今度、独立するということです。

将来、私も、お世話になるかもしれないので^^真剣に、話聞きましたーー。



平日15時までは、株式トレードで、15時からと土日は、債務整理系不動産屋を行うという理想的な生活を目指しているという野心家です^^


債務整理系不動産屋。。。これは、お客をどう見つけてくるかは、大変そうですが(その辺は、企業秘密)、依頼者(不動産で行き詰った方)が、味方であるというところが、味噌。

依頼者は、任売等の手前なので、非常に協力的で、業務遂行上、居留守使われるとかの障害がありません。


主要な対象物件は、自宅(一軒家や分譲区分マンション)だが、最近、依頼が少ないとのこと。失業率も下がり、結構景気よいからだと思われます。


最近増えている&今後期待できるのが、アパマンや投資マンションとのこと。


区分を複数購入して、どうにも資金繰りが、しんどくなって、債務整理を依頼。

現在、不動産高値圏なので、整理屋に頼まなくても、どうにかなると思うのですが、とにかく、ゼロクリアしたいとの要望が、多いとのことです。



地方のRC物件売却案件も先日、ありましたとのこと。

2050年には、人口30%減と予想されている東北の某県にある物件。超地方です。

県内で最大級の雇用を提供している企業が、数年前から、国内は、マザー工場だけ残して、工場のラインを徐々に、減らしていくと宣言しています。

どのくらいの値段(表面利回り)が、妥当なのか、私には、見当がつかない地域です。

もし買うならば、売却を期待せず、インカムゲインで、銀行借金を全額返し、最後まで見届ける覚悟が必要そうです。


結局この物件は、地元の方が、購入したそうだが、都内の不動産仲介会社からの引き合いも強かったとのこと。


現在の自分の投資対象は、ずっと保有してもよい物件(もちろん、売却の流動性もある)としております。


人気ブログランキングへ クリックお願いします。  

(了)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:shikon999

不動産投資 ブログランキングへ

大学卒業後、一般企業勤務、自営(企業コンサルタント)を経て、現在、投資を生業としております。収益不動産は2006年より、日本株のスイングトレードは、2012年より本格的に行っています。所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、8棟(3棟は、建築中) 125室(建築予定、区分2室含む)、満室想定家賃(あくまで予定)は、約1.3億円/年。東京都在住、196x年生まれです。投資に関する事柄を徒然に、書いていきたいと思いますので宜しくお願いします。

株のブログも書いております。

晶(AKIRA)の株日記 
(リンクの欄をクリックしていただければ飛びます。)


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: