中国不動産について旧友にヒアリング - shikon(丸山 晶)の投資譚
FC2ブログ

記事一覧

中国不動産について旧友にヒアリング

こんにちは、shikonです。


クリック応援よろしくお願いします。  

大連に本社を構える万達集団は、中国を代表する世界的な不動産系企業。

ところが債務超過のため保有するホテルと娯楽施設、テーマパークを93億ドルで、売りに出したり、ほかにもハリウッドの映画製作会社の買収は契約まで進んでいたが、送金ができず案件は宙に浮いたりしております。

中国金融当局が、海外送金を認めないのと、企業の財務バランスの改善を求めているためのようです。

なんか、中国系企業がおかしい。秋の共産党党大会までは、大丈夫だとは、思いますが。。。



ということで、中国北京在住の知り合いにメール。2000年前後に、私の会社で、日本の大学に通いながらアルバイト。極めて優秀でした。

当時は、高円寺の風呂なしアパートに姉貴と暮らしていましたが、今では、外資系IT企業に勤めながら、北京市内に、ファミリーマンションを4部屋所有しております。

本人以前曰く、『2000年当時と比べて、6倍くらいに値上がりしているので、10部屋ぐらい買っておけばよかった!』




今回、こんな返事きました。

『大連万達の事件が、中国でも話題になっています。
これからどうなっていくことを心配している人が少なくないですが、普通の人たちの生活に影響がみられません。
不動産の交易は今年の四月からだいぶ減ってきたのが、それは四月に政府が不動産購入のローンについて新しい規則を出した結果です。
このようなことが以前よくありましたので、みんな結構平気です。
だから、今まで不動産の交易の量は減りましたが、価格はあまり変わっていません。
中国の不動産の価格はこの二十年間の間に上がる一方です。これを見通しできた人はいません。
これからどうなっていくことも謎です。』


日本でも、タワーマンションの中国人の購入のキャンセル(手付金を捨てる)や、中国人用に作ったペントハウスの部屋の売れ行きが、良くない等の話も聞きます。

ちょっと、気になりますね。


ブレクジット後、ロンドンの高級不動産の価格、約10%弱、下落と言う報道も最近あったらしいし、9月の米国利上げ?に向けて、金融市場と並んで、不動産市場にどのような影響出るか、少し注目しております。

基本、日本は、一時的影響はあるかもしれませんが、大丈夫と思っております。



人気ブログランキングへ クリックお願いします。 

(了)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丸山 晶

Author:丸山 晶

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資(アパマン投資)、株式投資(スインングトレード)、ネットコンテンツ投資(B to B関連)を実践。
不動産所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、9棟 123室、満室想定家賃は、約1.3億円強/年。


フリーエリア

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: