融資が出やすい支店 - shikonの投資譚(収益不動産)

記事一覧

融資が出やすい支店

こんにちは、shikonです。


クリック応援よろしくお願いします。  

銀行融資が、厳しくなってきたと喧伝されますが、各金融機関支店では、

〇新規融資額目標

〇融資残高目標

が、毎期あるわけで、新規貸し出しは、普通に実行されております。

ただし、フルローン、オーバーローンは、信用の無制限な拡大という金融当局が、最も嫌う事項であり、融資金額が伸びなくなったというのが、正しい認識ではないでしょうか?


掲題の『融資が出やすい支店』

あくまでも私の感覚ですので、悪しからず。


①融資付けが、上手い担当者(支店)に、融資を申し込む。

2008年購入の東京の中古RC物件の融資、仲介会社に紹介されて持っていったのですが、後で知ったのですが、年間100憶以上融資しているメガバンカーでした。

現在、支店長3店舗目で、出世されているようです。

そのチームの私の担当者も、東京の某ブロック責任者でアパマン融資、頑張っておられます。

色々とアパマン経営の奥義を教えて頂きました。

将来、頭取になってほしいな~。

ちなみに、(不動産業者に聞いた話だと)当時、この銀行で毎年100憶以上融資していた担当者3人(大阪に1人、東京に2人)おられたとのことでした。

私も、当時、友人紹介して、15憶ぐらい融資が、ついておりました。


②支店長が役員になるための出世コースとなる支店

支店長としても優秀だろうし、審査部も忖度して、融資が甘い??

某地銀の町田支店、某信用金庫の立川支店、某メガバンクの東京の山の手にある支店あたりは、融資に積極的と聞きます。


③今期の融資目標が未達になりそうな支店
 
これは、どうやって情報得るの?という問題ありますが、なんとか、情報を入手するということで。。

逆にお腹一杯の支店は、融資厳しかったりするかも。。


④県境の支店は、優秀な支店長を配置していることが、多い。

東京の赤羽とか、埼玉の熊谷とかの支店は、融資出やすいと言われています。

赤羽なら埼玉、熊谷なら栃木/群馬の地銀に浸食されないように、若くて優秀でやる気がある支店長を送り込んでいることが多いです。


⑤新設支店は、融資残高を伸ばすために、融資が、緩いことが多い。

これは、よく言われていることです。




地銀さん、信用金庫さんだと、自分の住居地域によって、扱う支店が、割り振られることが多いですが、他人の紹介だと融通が利くことが多いです。

できれば、不動産会社でなく、知り合いのの融資残高のある大家さんに、支店担当者を紹介してもらうのが、よいと思います。

”知り合いの大家さん”は、銀行にとって、重要なお客さんですので、無碍にできません。



参考にしてみてください。




不動産ランキング  応援お願いします。


(了)

コメント

共有できる情報を増やすという意味でも仲間を増やしていくことは大事ですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:shikon999

不動産投資 ブログランキングへ

大学卒業後、一般企業勤務、自営(企業コンサルタント)を経て、現在、投資を生業としております。収益不動産は2006年より、日本株のスイングトレードは、2012年より本格的に行っています。所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、8棟(3棟は、建築中) 125室(建築予定、区分2室含む)、満室想定家賃(あくまで予定)は、約1.3億円/年。東京都在住、196x年生まれです。投資に関する事柄を徒然に、書いていきたいと思いますので宜しくお願いします。




カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: