ハワイと私の黒歴史 - shikon(丸山 晶)の投資譚
FC2ブログ

記事一覧

ハワイと私の黒歴史

こんにちは、shikonです。


クリック応援よろしくお願いします。 

今週は、月曜日~金曜日まで、毎日ブログ書くぞ、意気込んでおりましたが、昨日は、萎えてしまいましたw

私の今、一番の課題であるアパートの立ち退き問題。なんだか和解しちゃったみたいです。

通常、3回程度の裁判で結審するはずが、先方弁護士の不作為もあり先週、5回目で結審。

判決待ちという状態のところ、今週、先方から新たな和解案。

また、別の機会に、立ち退き訴訟に関しては詳述しようと思いますが、相手側からの無謀な額の立ち退き要求に、裁判官も考慮したのか、裁判2回目に、裁判官自ら、和解金額の内示。

内示額。。。当初の提示額(賃借人に始めて提示した額)に、弁護士への手付金を加えた額程度。  


シメシメ、そんなもんだろう。

不動産の管理も、裁判も、丸投げスタイルな私、大船に乗った気分で、経過を観察しておりました。


今週の先方からの和解提案、まだまだの内容なので、当方弁護士に、

〇判決出してもらえばよい。場合によっては、控訴だ!

〇代わりに、私の陳述書(1時間ぐらいかけて作成)を裁判所に、提出して被告(賃借人)の目に入るようにお願いしておりました。相手側弁護士、あまりにもマ〇ケなので、そのア〇バ〇ぶりを記述。これ見れば、被告(賃借人)も諦めると同時に、自分の担当弁護士に対して激怒するだろうという内容。


と伝えていたところ、


昼に、15時に裁判所に行って、和解の締め切り期限なので、和解条件について聞きたいと当方弁護士から電話あり。

裁判官の内示額と隔たりあるので、判決でよいだろうと話したのですが、、

〇判決だと1か月後ぐらいになり、退去期限考えると3か月ぐらい余分(本日、和解と比べて)に解決に時間がかかる。時間を買え!



〇判決の場合、相手が、期限までに出て行かない場合ある。その場合、強制執行に数十万円かかる&荷物の保管にも費用かかるかもしれない。



と、説得されて、落としどころを伝えていたところ、15時5分には、和解成立。


あっけなく和解、、複雑な気分です。

これから、

〇アパートメーカー

〇銀行

〇残置物撤去&取り壊し業者

に電話します。



★★★

話は変わりますが、私の不動産投資に関する黒歴史。。



私、ハワイに行ったことないですが、ハワイに物件所有したことは、ありますww



都合の悪いことは、忘れる特技のある私、いつも前向きで、攻めの姿勢を投資では貫いております。

昨今の他のブロガー様のハワイのホノルルマラソンのお話し、昨夜の狼閣下の『シェアハウス投資被害の話』で、私の忘れかけていた黒歴史の記憶が、フツフツと蘇ってしまいました。

酒弱いので、酔った拍子に他のブロガーにポロっと告ってしまい他人のブログ上に書かれてしまうことだけは、なんとか避けたいところですwww


私の失敗談、告白します。

社会人2年目に、マルコーさんのハワイホテル物件を購入(小口に証券化された権利を購入、1口1350万円也)

勧誘文句は、所得税の節税(新築区分マンションと同じです。)

毎年、オーナーには、クーポンの宿泊券がもらえるのですが、私の友人が訪問したところ。
『ハワイと言っても、カウアイ島ていう岩だらけの島にあるホテル。よかったけど、ガラガラだったぞ!』とのこと。


数年は、順調に?推移してましたが、ある時、このホテルの運営主体が破産(米国のいわゆるchapter 11に)。ある日、突然、破産しましたと英語で郵便が来て、2か月後には、精算しました、と70万円が私の口座に入金。。

負債だけが、1200万円程度、残りました。  



マルコーさんの名誉のために話しておきますが、破産時に社員が、説明に来てくれましたし、その後、マルコーは、倒産しましたが、社長は、マスコミに出て、謝罪の言葉を述べていたので、不作為の失敗であり計画倒産では、なかったと思います。




その後、どうなったかって。ここは、私の悪運の強いところで、負債は、全額なくなりました。

これも不思議な経緯なんですが、

〇マルコーさんの顧客名簿が、流出して、被害者の会が、いくつか結成されました。私も被害者の方から電話もらい、参画。弁護士に30万円手付金払い、負債の減額金の20%を成功報酬として払う契約を締結。

〇当時は、銀行が、区分とかに融資することがなく、ノンバンクが融資することが、メインだったと思うですが、債権を持っている信託銀行に債権放棄を求める訴訟を起こして、全額免除になっちゃったんですね。

〇マルコーの子会社のゼネラルリース(GLと以後します)という会社から借入れしたのですが、そこに融資していた信託銀行とGLは、一体で、破綻するのが分かっていて融資した信託銀行は、詐欺だと訴訟を起こしました。無理筋と思われましたが、全面勝訴。

〇私の弁護士事務所は、30人程度の原告でしたが、数百人集めた代々木系の弁護士事務所が、連日、大騒ぎして、赤旗以外にも全国紙の社会面でも、信託銀行が非難されておりました。

〇結局、信託銀行が債権放棄を渋々認めて、終了。弁護士事務所に成功報酬200万程度お支払いしたので、損失額は、結局300万円程度でした。20代の若気に至りですね。

この経験があるので、

〇節税目的の新築区分は、儲からない。

〇物件購入する時は、現地調査は、必須

を学びました。

あ、後、海外不動産は、私の中では、禁止としております。


シエアハウス系の問題は、左派系の弁護士事務所が、ダメージを軽減するスキームを考えだすかもしれません。


今日も今から忘年会なので、この黒歴史を本日中に忘れたい思います。


不動産ランキング  当時は、共産党員になろうかと思っちゃいました。応援お願いします。

(了)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丸山 晶

Author:丸山 晶

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資(アパマン投資)、株式投資(スインングトレード)、ネットコンテンツ投資(B to B関連)を実践。
不動産所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、9棟 123室、満室想定家賃は、約1.3億円強/年。


フリーエリア

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: