海外不動産投資 - shikon(丸山 晶)の投資譚
FC2ブログ

記事一覧

海外不動産投資

海外不動産投資、実は、若かりし日に、大失敗しました。

ホテルの区分(アメリカです)に投資したところ、投資主体が破産(chapter11-連邦倒産法第11章)して、勝手に、債権者に売却されちゃいました。
負債だけが残ったのですが、その後、販売先/融資先に対して裁判を行い、損失額は、減額されました。

それでも当時の年収の半分弱程度の損失になりました。
高い授業料だったです。

私の黒歴史です^^



ですので、海外投資には、よいイメージはないです。

友人が、海外投資している者がいるので、上海、北京、台北、香港、シンガポール等の話聞いたことは、あります。
シンガポールのマンション(ファミリーマンション)所有していた方なんかは、ウハウハでした。

日本みたいに、表面利回りはよくないし、イールドギャップ(ネット利回り ― 国債金利)も小さい国が多いので、当たり前ですが、海外不動産は、キャピタルゲイン狙いが基本です。

日本も2000年代初頭までは、キャピタルゲイン狙いで皆が投資しており、表面利回りも低かったです。
20年デフレの影響で、現在、表面利回りが、歴史的に上昇、金利は、最低水準に沈んでいます。

これをどう見るか?人それぞれです。

これは歴史的なチャンスで、収益不動産投資は、日本では今がチャンスだという方、結構おりますが、投資行っている方や不動産業者のポジショントークと思ったほうがよいかもしれません。


不動産投資のセミナーや、懇親会に出席すると、海外不動産のプレビルド物件に投資されている方が、結構見受けられます。

その時は、何も言わなかったのですが、東南アジアのプレビルドだけは、やめたほうが、よいのではないかと思います。

海外で勤務している友人によると
「施工主体が、怪しいものが多い。アジアでもHSBCやDBSのファイナンスアレンジ付きといってもリスク負うのは、プレビルドで頭金いれた本人だから」
とのことです。


もちろん既存物件を投資目的でなく自己資金をたくさん投入して、買うのは、もちろんありですが、購入後の管理を含めて、よく注意して検討されるのがよいと思います。

日本人は、海外では、物件を綺麗に使うし滞納も少ないので、賃貸の場合大家さんからは、モテモテのようです。
住む場合は、賃貸もよいのかもしれません。


_____________________________________________

本日の東証。

後場、日銀金融政策の現状維持を発表後、なぜか、急上昇。
今報道を見ると、指数先物買いのようです。

朝から、商社や、6501 日立、6502 東芝あたりは、よい動きしてました。

前日高値超えてきたり、25日線を越えてきた銘柄結構ありますが、出来高は、まだまだ感あります。
もう少し日柄調整欲しいところですかね。

9501 東電は、2:30PM頃、約100万株の840円板クリア。
その後以外に伸びませんでしたが明日以降期待します。

明日は、上海市場休場明けです。

ブログランキングの応援よろしくお願いします^^ 


(了)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丸山 晶

Author:丸山 晶

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資(アパマン投資)、株式投資(スインングトレード)、ネットコンテンツ投資(B to B関連)を実践。
不動産所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、9棟 123室、満室想定家賃は、約1.3億円強/年。


フリーエリア

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: