区分決済完了 - shikonの投資譚(収益不動産)
FC2ブログ

記事一覧

区分決済完了

こんにちは、shikonです。


クリック応援よろしくお願いします。  

本日、先月契約した都内築古区分の引き渡し終了しました。

事前に決済したので、10時に関係者集まり、暫くして終了。

日本政策金融公庫に、融資満額申し込みましたが、満額ならず。

古いので、10年融資となり申込額の70%程度の融資額となりました。


耐用年数の残り少ないので、初めての耐用年数超え融資です^^

耐用年数超え融資、やり過ぎると、融資受けれる金融機関少なくなってしまうので、注意しないとです。


根抵当つけられちゃったので、返し終わったら、いざという時に、借入れ起こすのに、便利かもしれません。


都内ファミリー区分、考えようによっては、良いですね。

〇空室になれば、実需で高く売れるかもしれない。

〇償却額大きいので節税によい。簿価と実勢(売却)価格に、大きく差が出ることが多い。

〇空室リスクは、少なそう。居住期間も長そう。



資産を増やそうという時には、不適かもしれませんが、投資家のステージによっては、よいのかも。




サラリーマン継続してやっていこうとしている方にとっても、安定しているのかもしれません。

節税しながら、含み益貯める感覚で。。


区分でも1棟物でも、これからは、耐用年数終わった時点でも、貸せるか?という視点が、重要そうです。



不動産ランキング  応援お願いします。

(了)

コメント

No title

私も大型区分も少なからずってます。
5室で賃料100万と
30戸で賃料100万のアパート
5棟と比較したら一目瞭然です

私究極は
都心家賃20万以上の区分
50戸借入なしだとおもいます。
入居者は高属性だし 賃貸屋もVIP対応だし

レバレッジきかせられないけどね
おっしゃるっとおり 資産はその分
大幅に増えませんね

根抵当

都内ファミリー区分いいですね。
素人から買って素人に売る戦略がステキです。
私の築70年超えの戸建て(250万円)にも公庫の根抵当1,200万円が打たれてます(^^;)

ありがとうございます。それでは、また(^^)/

Re: No title

> 私も大型区分も少なからずってます。
> 5室で賃料100万と
> 30戸で賃料100万のアパート
> 5棟と比較したら一目瞭然です
>
> 私究極は
> 都心家賃20万以上の区分
> 50戸借入なしだとおもいます。
> 入居者は高属性だし 賃貸屋もVIP対応だし
>
> レバレッジきかせられないけどね
> おっしゃるっとおり 資産はその分
> 大幅に増えませんね
勉強になります。

家賃高めの都内築古ファミリー区分、経費率も低いので、場合によってはよいかもですね。

階数が大きいのは、修繕費高騰による管理費の値上げあるかもしれないですけど、、

Re: 根抵当

> 都内ファミリー区分いいですね。
> 素人から買って素人に売る戦略がステキです。
> 私の築70年超えの戸建て(250万円)にも公庫の根抵当1,200万円が打たれてます(^^;)
>
> ありがとうございます。それでは、また(^^)/

公庫の根抵当いいですね!使いまくって、買いまくりは危険ですけど!!

昨日、わくわくさんの、ブログにコメント残そうと思ったら、楽天の会員でないので、できませんでした。


『触れていただいてありがとうございます。SMBCショック!リーマンショック直前の2008/9初旬、フルローン原則禁止になりました。その年の春から、不動産デベ、ファンド破綻が、はじまり、メガバンクさんは、危険を察知していたんでしょうね。』

と、書く予定でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:shikon999

不動産投資 ブログランキングへ

大学卒業後、一般企業勤務、自営(企業コンサルタント)を経て、現在、投資を生業としております。収益不動産は2006年より、日本株のスイングトレードは、2012年より本格的に行っています。所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、8棟(3棟は、建築中) 125室(建築予定、区分2室含む)、満室想定家賃(あくまで予定)は、約1.3億円/年。東京都在住、196x年生まれです。投資に関する事柄を徒然に、書いていきたいと思いますので宜しくお願いします。




カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: