応援ありがとうございます。 - shikonの投資譚(収益不動産)
FC2ブログ

記事一覧

応援ありがとうございます。

こんにちは、shikonです。

先週末のブログ、見てもらえるとは、思っておりましたが、結構、クリックもして頂きました。

皆さま、誠にありがとうございます。

真面目に不動産投資をされている方、これからしようと思っている方からしたら、

一部の不動産会社、一部の金融機関、ナメンジャねーぞ!


という気持ちを代弁できたからではないかと思います。


上記の気持ちの方クリックお願いしますネ  



ノンポリな私、あまり周りのことは、気にしないですが、昨今の状況鑑みて、いくらなんでも、行き過ぎだと感じます。

収益不動産の投資、一般消費者でないので、自己責任が原則ですが、日本経済全体のマクロで考えても、規制が必要ではないかとも考えちゃいます。


金融機関の貸し手責任もある程度あると思います。


金融資産が、1億ある方が、低金利時代に、金利4.5%で借りに来ないでしょう。

通常金利の金融機関も、場末の支店に、所有物件なしで金融資産が5000万円もある方が、毎月何人も新規に来たら、なんか、おかしくない?と考えて頂きたいものです。



前回のブログの内容に関して、

『かぼちゃ以外でも破産系弁護士事務所への相談増えているみたいですよ。』

について、よく聞かれたので、追記しておきます。

株式トレーダー 兼 債務整理系不動産屋(長年やってます)の友人の話なのですが、債務整理系の弁護士事務所をグルグル回りしてます。



〇去年までは、自宅系の債務整理(債権者の金融機関と債務減額/物件は、任売)が殆どで、収益系と言えば、複数の区分マンション保有者の相談があったくらい。

〇今年に入り、1棟物件系、増えてきた(というか去年まではなかった)と申しております。

〇高金利で借りた地方のマンション系の相談がある。私が聞いた具体的な件は、東北の結構大きなRCマンション と、関西圏の耐用年数が殆ど残ってないS造り。

後者は場所が、辛そうなところで、利回り8%程度で売らないと債務を返金できないとのことでした。



聞いた感じからすると、債務整理できそうもない(債権者の金融機関と交渉してどうかなる気がしない)ので、彼も仕事には、なりそうにありません。

一般消費者扱いされる自宅債務と違い、プロ扱いされる共同住宅債務では、法的な扱いも違いますので、ややこしそうです。


★★★


空室率30%以上、経費率30%以上の地域の物件は、投資家も金融機関もハイリスクハイリターンな投資として扱い、ノンリコースローンにすればよいのじゃないか?

金融機関も金利を高くして、早めに回収。投資家は、失敗してもその物件を差し出せば、無罪放免ということで。。

空室率30%以上、経費率30%以上の地域で築20年のRCならば、

“表面利回20%、金利6.5%ぐらい”で、投資家も金融機関も真剣勝負、という感じで。

実際、こんな感じが、妥当な価格水準 & 金利水準かもしれません。

ついでに、金融資産〇殖、二〇売買あたりも、関係者で化かし合いしてもらって、当局も黙認ということで、どうだろう。

都心、郊外、地方の中のいわゆる”地方”で、空室率30%以上、経費率30%以上の地域では、一部の勝者と、その他おびただしい数の敗者に、最終的になっちゃうんじゃないでしょうか??

勝者になる方は、比較的低利で借入れできて、再生&適切な運営ができる方となると思います。

いずれにせよ、インカムゲインで稼ぎきる覚悟が必要だと思います。


今日は、結構まともなブログですねww


不動産ランキング  地方投資を、なめんなよーという方もクリック応援お願いしますw


(了)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:shikon999

不動産投資 ブログランキングへ

大学卒業後、一般企業勤務、自営(企業コンサルタント)を経て、現在、投資を生業としております。収益不動産は2006年より、日本株のスイングトレードは、2012年より本格的に行っています。所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、8棟(3棟は、建築中) 125室(建築予定、区分2室含む)、満室想定家賃(あくまで予定)は、約1.3億円/年。東京都在住、196x年生まれです。投資に関する事柄を徒然に、書いていきたいと思いますので宜しくお願いします。




カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: