東京23区内の不動産が強含むと思う理由② - shikon(丸山 晶)の投資譚
FC2ブログ

記事一覧

東京23区内の不動産が強含むと思う理由②

先日に引き続いて、東京23区内の不動産が強含むと思う理由です。

4,5年前だったと記憶しておりますが、不動産ファンドの社長さんと話したことが、あります。
当時で2000億程度の運用をしておりました。

私は、オマケでその打ち合わせに参加しておりました。


311の地震で、海外投資家が、日本の不動産マーケットからも引いた後、戻りつつある時の話です。

以下のような話でした。
〇アジアで不動産投資しようとすると、東京しか、投資家の目が向いていない。
  -リーマンショック前に、名古屋、大阪をはじめ、他の都市にも、投資したが、散々な投資パフォーマンスだった。
  -アジアの他都市(シンガポール、香港、台北、等)だと、財閥系が、場所のよいところを抑えているし、マーケット自体が、小さいので、ファンドを組成するのが、難しい。

〇ファンドは、証券化商品なので、その国の長期国債利回りの比較の上での投資なので、日本の低金利を考えれば東京には、投資対象とする物件がある。


まだまだ、過熱していない時期でしたが、ファンドは、基本的に、最低5棟ぐらいを組成時に、組み入れることが求められるため物件を探すのが、大変そうでした。


上記を参考にすると、東京では、国債利回りと比較して投資する投資家がいるため、結構、高い値段でも不動産に投資できます。

ファンドに組み入れられる不動産は、最低10億円以上の物件ですが、東京の不動産マーケット全体は、バブル気味になるのは、いたしかたないと考えます。

金融商品として、東京の不動産は、比較されることになるためです。


ブログランキングの応援よろしくお願いします^^ 


(了)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丸山 晶

Author:丸山 晶

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資(アパマン投資)、株式投資(スインングトレード)、ネットコンテンツ投資(B to B関連)を実践。
不動産所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、9棟 123室、満室想定家賃は、約1.3億円強/年。


フリーエリア

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: