ダマされない不動産投資 - shikon(丸山 晶)の投資譚
FC2ブログ

記事一覧

ダマされない不動産投資

こんばんは、shikonです。



クリック応援よろしくお願いします。  

今日は、昼間寝ていたので、今頃ブログ書いてますw

2018/7/31号の週刊エコノミスト

『ダマされない不動産投資』


色々、不動産関連のこと書いてますが、この中で、私の目が釘付けになった のは、P21の
『東京都の20~49歳推計人口の推移』
※著作権あると思うので、ここでは、載せませんw

大家さんや管理会社の方は、見て、ギョっと した方、多いみたいですが、東京で不動産投資している皆さまは、どのうように思ったでしょうか?


東京近郊で大家業している方は、『東京でも。。。』ということでギョギョっと なった方も多かったのでしょうか?



市町村別に、2015年、2025年、2035年、2045年の20~49歳の推移を人口問題研究所の推計をベースに作られています。

ちなみに、著者は、首都圏の住宅家賃が急落する「サブリース2025年問題」の記事の中で、上記を作成しております。

なんでも、相続税引き上げに伴い2015年頃に大量に建築されたアパマンのサブリースが解約されることが予想される2025年頃、家賃の下方硬直性が崩壊、と書いております。

その前に、生産緑地の2022年問題で、既に崩壊してますわww

市町村、36自治体が対象の表を見ると、2015年と2025年を見ると、賃貸する方が多い20~49歳の人口が、

上昇:都心3区のみ(千代田区、港区、中央区)
ゼロ:文京区のみ
10%以上マイナス:18自治体。。。15%以上も7自治体です。


ほんまですかね。
タスさんの実情とかけ離れたいい加減な空室率レポートと同様、あてにならないことを信じたいです^^

50歳以上の方に、借りて頂かないと不動産賃貸業が、成り立たない時代が、来るのかもしれません。

自分の所有物件所在地は、マイナス2%以内ですが、今建築中のアパートは、マイナス12%の自治体です^^
土地買っちゃったところは、少しマシでマイナス10%弱ww

需要減の一方、東京中で、大量のアパート建築され供給増でございます。

東京も戦国時代です。ライバル物件を駆逐しないとやっていけない時代です。

新規の建築は、相続税対策以外では、経済的に成り立たない時代が、直ぐ間近なのかもしれません。


不動産ランキング  応援お願いします。

(了)

コメント

どうなっていくんですかね。
確かに心配と言えば、心配ではあります。

オワタ?

もう普通の不動産投資はオワコンだと思います。

ちょっとヒネリを加えないと生き残れないでしょうね。

ありがとうございます。それでは、また(^^)/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丸山 晶

Author:丸山 晶

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資(アパマン投資)、株式投資(スインングトレード)、ネットコンテンツ投資(B to B関連)を実践。
不動産所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、9棟 123室、満室想定家賃は、約1.3億円強/年。


フリーエリア

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: