ブログ500回、3年間を振り返る。 - shikon(丸山 晶)の投資譚
FC2ブログ

記事一覧

ブログ500回、3年間を振り返る。

こんにちは、shikonです。


クリック応援よろしくお願いします。  

今日の投稿で、 ブログ500回目 になりました。

バチパチパチ\(^o^)/w(誰も祝ってくれないので、自分で、、、)

そういえば、今日、厳しいことしか言わない大福先生も来る忘年会だw 

Mな私、けなされてこよう!!


ブログ開始日は、2015年8月14日

自分で、この3年間ちょっとの期間のことを振り返ってみます。

全体的な自己評価としては、不動産投資は、出来過ぎ、株式投資は、イマイチだったと感じてます。


今、ブログを読み返してみると、ブログ開始時は、東京で1棟目の新築中でした。

ブログを書き始めてから、

〇東京23区内で、6棟新築(建築中含む)、2部屋都内中古区分、購入

〇大阪のRC物件、売却

と、不動産の売買をしております。

訳あり土地を購入することが多く、着工まで苦労している物件多い、、、というか殆どですw

私のブログを読んでいて、優秀な不動産投資家の方だと、会うと真っ先に、聞かれるのが、

『東京の新築の原資は、何ですか?』

答えは、

『新築の物件の頭金は、アベノミクスの初動で稼いだ株式トレーディング益と大阪物件売却益です。』

借入過多だと、賃貸収入でそんなに手残りないのが賃貸経営だと思うので、実際に運営している方からは、良く聞かれます。

日々の生活費と子供の学費は、、株式トレーディングでなんとか稼いでいる感じです。
賃貸収入と同じで、以外と稼げてませんw

株式トレーディングは2010年に始めて、年間で、負けたのは、2016年だけです。

2016年は、トランプ政権誕生で、三菱UFJ銀行(8306)でかなり取り戻したのですが、小野製薬(4528)と任天堂(7974)が、朝寄らず、思いっきり含みを溶かしたうえで、大きくロスカットしたな~。

それぞれ、大阪と某海外に滞在中に、喰らっておりました。

今年も、2月の急落、最近の大きな下げにも付き合わず、なんとか生き残っております。

不動産賃貸収入では、以前作った事業の借金の返済と事業精算できなかったビジネスの毎月の赤字の補填をしておりますw

ネット関連ビジネス(B to B)、もう少しで、単月黒字(私のコストはゼロとして)になります。

来年からは、3足のわらじで、生活します。

〇不動産賃貸業(私の場合、不動産売買益の方が大きいが、)

〇株式トレーディング(スイングトレード)

〇ネット関連ビジネス(B to B)
  ※投資関連とは、全く関係ありません。


ネット関連ビジネスでは、資金不足で途中でお蔵入りしていたサービス開発も始めようと思います。

バランスシート見ると明らかに資本棄損している事業法人(資産に不良資産として積んでおります)に、 不動産融資してくれた奇特な金融機関に感謝するため にも、頓挫しているネット関連ビジネスをやり直してみようと思います。

ブログも書きますよ。

最近は、日々の不動産活動的な日記が多かったですが、アクセスが多くなる不動産投資に対する自分なりの唯我独尊的な考え方なんかも書いていこうと思います。

現在、投資方針、迷っている方多いと思うので、参考になれば幸いです。

不動産投資でも、株式投資でも、退場しない負けない投資・長く生き残れば、なぜか儲かっている投資を目指しております。


皆さん、 【shikon(丸山 晶)の投資譚】 、これからもよろしくお願いします。


不動産ランキング  応援お願いします。

(了)

コメント

No title

ブログ500回目
おめでとうございます。

No title

300回おめでとうございます!
まとめ読みですが、非常に参考にさせていただいております。

ようやく、株式市場は天井を確認して、あとは下り坂。
オリンピック開催の1年半~2年前に景気のピークを迎えるというアノマリーは今回も有効ですね。

3年後の不動産投資再開に向けて、引き続き、宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丸山 晶

Author:丸山 晶

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資(アパマン投資)、株式投資(スインングトレード)、ネットコンテンツ投資(B to B関連)を実践。
不動産所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、9棟 123室、満室想定家賃は、約1.3億円強/年。


フリーエリア

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: