もう1人のバカは、もういないw - shikon(丸山 晶)の投資譚
FC2ブログ

記事一覧

もう1人のバカは、もういないw

こんにちは、shikonです。


クリック応援よろしくお願いします。  

50歳、過ぎると、学生時代の友人等の飲み会が増えます。

『今後どうしようかー?』 みたいな感じですかね。

忘年会時期と重なると、ちょっとつらい。

私は、暇な奴要員として、誘われることが多いかも。

先週後半は、調子悪くて、ブログ更新できませんでしたw


頭が回らないと、
『隣の渡辺さんのニワトリが、今朝、卵を2個生みました。』
的な日記は、書けても、自分の考え方をまとめて書くということが出来ないということに気づきました。

↑上記は、友人が、新聞社で新人時代、地方に飛ばされて初めて書いた記事(?)だそうですw

ブログ書くのも、頭使っているのですね。


★★★

株式投資の諺。。

「株で儲けるにはもう一人のバカを探せ」

“うっかり高値でつかんだキミは、確かにちょっとバカだと思う。でもね、ほかにも「まだ上がる」と思っている人がいるかもしれない。そういう期待を持っている「もう一人のバカ」がもっと高値で買ってくれれば、キミは儲けることができる。”

と、ネットで解説されておりました。

株式投資は、誰かが高値を買い上げていかないと株価は、あがりません。

市場が形成されているので、売買の板と歩み値(売買の履歴)を見ていれば、その様子がわかります。

一方、不動産は、相対取引なので、不動産投資をしていても上記のような諺を明確に意識することは、ありませんが、同じようなものだと思います。

巷で良く言われているように、リーマンショック後、上昇してきた不動産価格の上昇は、一部地域を除き、今後暫く見込めないような気がします。

現在の融資状況の改善がみられても、上昇は見込めないのでは?

おまけに、金融市場の下落が本格化すると不動産市況は、一気に悪化しそうです。

リーマンショック(2008年)後の賃貸繁忙期、大震災(2011年)時の3月は、賃貸付け、自分の物件でもかなり厳しかったのを思い出します。

とにかく、内見がなかったです。

学生も若い社会人も親元から通おうとするし、

企業も人事異動を控えるので、空いても新規の方が、物件を探しに来ません。


こういう事態が発生したときに、需給のバランスが取れていないことが顕在化して家賃相場が下がったりします。

身をもって体験させて頂きました。

景気も下降期に向かい、日本全体マクロで考えると人口減少という要因もあり、賃金もあまり上昇が見込めない中、不動産も上値を買ってくる方もいなければ、弱含みしそうです。

物件数多い方だと、今後、結構大変なのかもしれません。
私も、どうやって今後、凌いでいくか??

地銀も株価見ていると、(不動産の)不良債権だらけなような気もしますので貸し出し余力が、ありません なんていう事態もありそうだし。。。

今後は、下落前提の投資方針を考える必要がありそうですね。

とにかく、不動産賃貸業で、

(経年劣化の影響も考慮した上で)物件価格の下落 < 借入元本の減少

となっていることは、必須です。

インカムゲインでキャピタルロスを埋めるのは、辛いですから。


不動産ランキング  応援お願いします。

(了)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丸山 晶

Author:丸山 晶

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資(アパマン投資)、株式投資(スインングトレード)、ネットコンテンツ投資(B to B関連)を実践。
不動産所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、9棟 123室、満室想定家賃は、約1.3億円強/年。


フリーエリア

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: