専業 対 兼業 - shikon(丸山 晶)の投資譚
FC2ブログ

記事一覧

専業 対 兼業

こんにちは、shikonです。


クリック応援よろしくお願いします。  

少し前に、株式投資家の集まりに参加しました。

30人ぐらいが、集結。
ある方(師匠)を囲む会で、特に会費とかは、かからず、軽めの講演があって、飲み会。

完全な、専業は3人で、他は、兼業でした。

私も、兼業です。
本業、不動産賃貸業、副業、株式投資ですw

儲けが多い方が、本業です。

専業の人間は、あまり来なかったです。
連絡とったり、風の噂を聞くと、今年は激しく買ったり負けたりしている方が多いです。

飲みに来る気分でなかったのかもしれません。

今年の相場環境は、個人投資家は、つらいかも。。

最近は、トレンドが、直ぐ変わるので、トレンドフォロー(順張り)の手法だと、儲けが少なく、ロスカットを連発しちゃいます。

かといって、逆張りでやっている方は、退場しちゃった方が、多かったのでは、ないでしょうか?

株式投資家も、他に収入あると心の余裕ができて、パフォーマンスのアップにつながるのかもしれません。

専業だと、どうしても日銭を稼ぎたいという意識が強くなり、利益乗っていても直ぐに利利益確定してしまい、大きく利益を取れなかったりします。

兼業だと、自分の調子が良くない&相場環境が良くない時に、休むこともできます。


一方、不動産の専業はどうでしょうか?

昔からの地主さんは、別として、純粋に不動産賃貸業(+不動産売買業)だけで、生活している方は、以外に少ないのかもしれません。

既存物件での収益でみた場合、収益低減の法則が、普通、働いていくので、徐々に、手残りが少なくなっていきます。
※経年で家賃は下げることが多いし、建物のメンテナンス費用他で、経費は、経年とともに増加します。



脱サラして、不動産専業になって、収益低減の法則にはまって、キャッシュフローを増やそうと、最後の力をふり絞って、手元資金を突っ込んで物件買ったら更に売上高キャッシュフロー率が下がり、厳しい状態になってしまった 方も多いのではなかいかと思います。

今更サラリーマンにも戻れず、自分で、リフォームを始めたり不動産コンサルを始める方も多いです。

リフォームは、良いと思うですが、不動産コンサルは、、、上手くいってない方にコンサルされたくありませんw



不動産賃貸業は儲かるけど、キャッシュフローは良くないビジネスなので、脱サラするにしても、他でも、稼ぐ必要があると考えるのが無難なのではないでしょうか?


不動産ランキング  応援お願いします。

(了)

コメント

こんにちは

ブログランキングからの訪問です。
脱サラしても色々と大変ですね。
頑張って下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丸山 晶

Author:丸山 晶

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資(アパマン投資)、株式投資(スインングトレード)、ネットコンテンツ投資(B to B関連)を実践。
不動産所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、9棟 123室、満室想定家賃は、約1.3億円強/年。


フリーエリア

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: