税金戻ったけど、支払いも多し、、 - shikon(丸山 晶)の投資譚
FC2ブログ

記事一覧

税金戻ったけど、支払いも多し、、

こんにちは、shikon(丸山晶)です。


クリック応援よろしくお願いします。  

消費税546万円還付 2019/2/28


上記で記述した、消費税還付、無事、先月半ばに、546万円還付されました。

土地の売買契約書と請求書(施工会社、等の)を提出したら、税務署からの質問もなくあっさり支払われました。

支払消費税額の約30%戻ってきたので、得したような損したような。。。

そもそも施工会社は、受取消費税を国庫に納めているわけで、消費税の2重取りでないかという気もしますが、どうなんでしょうか?

日本の消費税税制は、英国の消費税税制を参考にしていると聞きますが、
簡易課税、等も廃止して、

単純に、
「受取消費税 - 支払消費税 」を納付(マイナスの場合は、還付)
として欲しいところです。


不動産賃貸業、利益が、土地にも化けているので、キャッシュフローが悪いのは、やむをえませんが、買い進めているとキャッシュは、不足しがちですw

先月、
〇固都税(名古屋市分)
〇取得税(2件程、来てしまいました。)
〇個人所得税

今月、
〇子供2人分の学費(5/7に引き落とし)
 下の子の塾代もバカにならんw
〇固都税(東京都分) ->まだ、来ておりません。改元の徳政令で免除ならないかなw

今月、引き渡し2件あったので、登記料や施工費残金も必要だし、還付金、全額吐き出します。


事業会社には、3年に1回、税務調入りますが、不動産賃貸業専業の法人には、今まで一度も税務調査が、ありません。

変な経費を積んでいないので、追加の税金を取れる要素があまりないからだと思われます。


個人的には、特殊な消費税還付スキームは、1棟目で、資金を温存したい方は、行ったほうが、よいというスタンスです。

来年度から更に難しくなるという方が、多いですが、専門家の話を聞いてみるとそうでもないような気もします。

私は、特殊なスキームで還付受けたことがないですが、課税売上かある法人があるので、それなりに還付受けております。レジデンシャル売上(非課税売上)比率が、上昇して、現在は、あまりおいしくなくなってきましたが、、、、


/ ̄\      
│田│ ▲ ▲▲▲ ブログランキングの応援よろしくお願いします^^
┴─┴ ┴ ┴┴┴――――――――――――――――――――――



(了)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丸山 晶

Author:丸山 晶

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資(アパマン投資)、株式投資(スインングトレード)、ネットコンテンツ投資(B to B関連)を実践。
不動産所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、9棟 123室、満室想定家賃は、約1.3億円強/年。


フリーエリア

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: