バブルに翻弄された更新料ゼロの事務所 - shikon(丸山 晶)の投資譚
FC2ブログ

記事一覧

バブルに翻弄された更新料ゼロの事務所

こんにちは、shikon(丸山晶)です。


クリック応援よろしくお願いします。 

私が事務所を借りているビルの所有者変遷は、なかなかのドラマです。

1980年代のバブル時代に、地主さんが、都心の地域一帯を開発。
当時、都内中心部に3万坪を持つ地主さん とのことでした。
都銀の営業に負けて、私が入居しているビル一帯だけで50億の建物を建築してバブル崩壊後、経営がおかしくなって、殆どの土地建物を手放したそうです。

凄いよ、住居部分は、大理石で作ったキッチンで、ちょっと壊れただけで、補修に膨大な費用が発生。

その後、不動産会社ダヴィンチ・ホールディングス傘下の1兆円ファンドに組み入れられていました

ダヴィンチが倒産すると、ディストレス投資で有名なフォートレス・インベストメント・グループが、他の債権者とともに所有。

ディストレス投資:破綻状態にある企業・債権に投資して経営再建・再生して価値を上げて売却して利益を得る投資方法


そのフォートレス・インベストメント・グループも経営がおかしくなり、今は、ソフトバンクグループ入り しております。

フォートレス・インベストメント・グループと言えば、旧雇用促進住宅の3000棟あまりを購入して、一般大家さんのライバルとなっております。

そのソフトバンクグループも、投資先のシェアオフィス「ウィーワーク」ウーバーテクノロジーの企業価値に疑問を持たれ苦戦中です。所有株の含み益の大部分を占める中国で企業間電子商取引をするアリババの株価が下がれば。。。???

話は戻して、現在は、個人系の会社(東京市部の地主さん?)が所有しております。
資産価値は、地価上昇で上がっていると思いますが、資金繰りは大変だと思います。
色々なところが壊れております。水漏れも多いし業務用エアコンも壊れることが多いようです。


そんな事務所ですが、ダヴィンチ・ホールディングスが倒産したときに、私、入居の申し込みして、
●思いっきり値引き
●更新料なし
を提案したら債権者にあっさりOKをもらいました。
相場の3割ぐらいは、安いと思います。

50m2(トイレ、給湯施設は、共用スペースになります)に、2.5人ぐらいで利用しております。

更新もないので、家賃も安いまま据え置きです。

事務所投資は、景気の波で賃料大きく動くから、大変そうだな~。
小心者の私は、レジデンシャル中心に今後も、しておこう。



/ ̄\      
│田│ ▲ ▲▲▲ ブログランキングの応援よろしくお願いします^^
┴─┴ ┴ ┴┴┴――――――――――――――――――――――



(了)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丸山 晶

Author:丸山 晶

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資(アパマン投資)、株式投資(スインングトレード)、ネットコンテンツ投資(B to B関連)を実践。
不動産所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、9棟 123室、満室想定家賃は、約1.3億円強/年。


フリーエリア

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: