上昇局面(上昇地域)でのトレンドフォローに乗るw - shikon(丸山 晶)の投資譚
FC2ブログ

記事一覧

上昇局面(上昇地域)でのトレンドフォローに乗るw

こんにちは、shikon(丸山晶)です。


クリック応援よろしくお願いします。   

日本企業は、業績が世界景気に敏感な、会社が多いです。
日本企業、2020年3月決算、世界景気減速懸念で、減益予想で株価弱含みか 、と思われてました。

おまけに、景気が良くなると円安が進みやすい(金利の安い通貨を借りる外国人投資家が多い。)です。

景気よくなると、増益&円安でドルベースで言うと株価の上昇に弾みがつきます。
景気悪くなると、その逆で減益&円高でドルベースで言うと株価の下落に勢いがつきます。


。。。。のはずですが、最近、なぜか株価上昇で空売りしている個人投資家含み損を抱えていると日経新聞に書かれてましたw。
この辺が、株式投資の難しいところ。



9月の中間期決算(同時に2020年3月の業績予想の修正も多く発表されます)、今週ぐらいで、主要な企業の発表終わります。

減益予想が、想定されるので、先月中旬から株式トレードお休みしておりました。
今週から徐々に、職場復帰。

全体的に下落局面が予想される場面には、付き合わない、参加しない方針です。



不動産投資でも、私自身、上昇地域での投資を徹底しております。

昔、 『値上がり立地に投資』と 書きましたが、

正確には、
『人口増加エリアに投資』
ですね。

金融緩和&不動産投資ブームで、全国的に地価上昇エリア多い(多かった?)ですから。

人口増加エリアは、物件供給も多いことが多く必ずしも需給が、引き締まるわけではないですが、投資するのに気分的には、楽です。

人口減少や家賃下落エリアに、物件所有していると精神衛生上(私は)よくありません。

安く買えば、どうにでもなるという考え方は、ありますが、、、不動産投資熱高い中、自分が、美味しい物件にありつけるとは思えません。

人口減少や家賃下落エリアの物件をレバレッジかけて、負債比率も結構高いと、辛いものがあるのではないですかね。


『上昇局面(上昇地域)でのトレンドフォローに乗るw』


勝てるかは、保証の限りではないですが、大きく負けることはないしマーケットからの退場もないでしょう。

上昇地域なら、少し高く購入してしまっても、長いこと、保有できれば、時が解決w してくれるはずww


中国経済の破綻懸念はあるものの、米国大統領選の来年、秋までは、なんとか金融市場が、もちそうな雰囲気が、市場には出てきました。

アルゼンチン、トルコ、韓国あたりの破綻懸念は、世界経済規模からすると誤差の範囲。

英国も、上手くブレクジットして、来年からは、法人税減税で、グレイトブリテン復活か?

リーマンショック後に、仕組債のゴミ箱になった、
HSBC
ドイツ銀行


HSBCは、その後、果敢に不良債権処理して、残るはドイツ銀行でしたが、、、
こちらも、嫌がっていたメルケル首相が、国でなんとかする方針と市場では、囁かれているようです。

経済は、以外とシブトイものです。


/ ̄\      
│田│ ▲ ▲▲▲ ブログランキングの応援よろしくお願いします^^
┴─┴ ┴ ┴┴┴――――――――――――――――――――――



(了)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丸山 晶

Author:丸山 晶

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資(アパマン投資)、株式投資(スインングトレード)、ネットコンテンツ投資(B to B関連)を実践。
不動産所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、9棟(2棟は、建築中) 123室、満室想定家賃(あくまで予定)は、約1.3億円強/年。


フリーエリア

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: