一般投資家の退場 - shikon(丸山 晶)の投資譚
FC2ブログ

記事一覧

一般投資家の退場

こんにちは、shikon(丸山晶)です。


クリック応援よろしくお願いします。   

今年は、株式相場、月曜日から、乱高下。
ギャップダウン(月曜日)
ギャップアップ(火曜日)
ギャップダウン(水曜日)
ギャップアップ(木曜日、本日)

●ギャップアップ...前日の終値よりも当日の始値が高値で寄り付くこと。
●ギャップダウン...前日の終値よりも当日の始値が安値で寄り付くこと。

ロボットなら問題ないでしょうが、こんな相場、なかなか人間は、ついていけません。。。

個人投資家で、まともな方は、インデックスファンドを買うべきなのかもしれません。

私は、2016年11月8日のトランプ大統領 誕生から、慣れてしまったが。。。

株式市場からは、米国でも、個別株売買の個人投資家のシェアは、減少傾向です。
個別株の売買で、個人投資家が、勝つのは、相当努力しないといけないのかもしれません。

市場平均(インデックス)に勝たないと、個別株を売買する意味がありませんので、、、


一方、収益不動産市場でも、今後、個人投資家の撤退が、相次ぎそうです。

損切りしたくても損切できす、撤退できない場合もありそうだが。。



昨日、取引金融機関の方が、年始の挨拶に来られました。

融資に積極的な金融機関でしたが、今は、パタッと新規融資が止まっているそうです。
最近は、金融資産5000万円のエビデンスを持参する方が、皆無だとかww

不動産融資で大きい貸付がないかわりに、運転資金300万円、500万円を貸し付けるために、顧客訪問で、忙しいとか、嘆いております。

去年までは、アパマン融資の“要注意債権”探し に明け暮れていたのとのことでした。

不動産仲介会社で悪さをしていた会社の貸付案件を各支店が、再調査して、
●現調、
●現在のレントロールと融資時のレントロールに問題ないか?
●当時の契約書、他の調査、後、

●貸付した本人と面談。
『私、“不動産仲介会社”に騙された!!』

という証言を得て、“要注意債権”に計上、という流れ作業を去年までは行っていたとかw



実は、私も、融資案件で“事務所”から“レジ”に大部分の部屋を変更した関係で、1か月半ほど、調査してもらいました。

結果は、めでたくシロww “正常債権先”に分類されましたww

“要注意債権”に計上された方は、殆どがサラリーマン大家とのことですが、今のところ返済に問題ない方が殆どです。
が、今後、厳しい局面を迎える可能性が高い方が多いとのことでした。

金利、そんなに安くない金融機関なので、借入元本額の減少が、物件価格の下落(建物の減価償却も考慮した上で)に比べて、どうなのよ、という案件が多いそうです。


収益不動産市場も、にわか投資家は退場して、昔のように、地主と腕に自信があると勘違いしているプロ投資家で闘う場になっていきそうですw


/ ̄\      
│田│ ▲ ▲▲▲ ブログランキングの応援よろしくお願いします^^
┴─┴ ┴ ┴┴┴――――――――――――――――――――――




(了)

コメント

撤退大家が増えていると言いつつ、まだ爆発的な数にはなっていないですよね。
ひとまず僕は、何があっても大丈夫なように物件の保有耐性だけは上げていきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丸山 晶

Author:丸山 晶

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資(アパマン投資)、株式投資(スインングトレード)、ネットコンテンツ投資(B to B関連)を実践。
不動産所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、9棟 123室、満室想定家賃は、約1.3億円強/年。


フリーエリア

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: