構造が複雑な建物の減価償却 - shikon(丸山 晶)の投資譚
FC2ブログ

記事一覧

構造が複雑な建物の減価償却

こんにちは、shikon(丸山晶)です。


クリック応援よろしくお願いします。  

株式、為替等金融市場、本日も荒れ狂っております。

本日は、日銀の黒田東彦総裁は、 「潤沢な資金供給と金融市場の安定確保に努める」発言から株式市場が下げ基調が一転、反発。

先週、ミンスキー・モーメントを超えてしまったので、暫くファンダメンタルは、関係ない動きが続きそうです。

“総悲観は、買いだ!!“とか”PBR1倍だからそろそろ底入れだ!”とか、、、、、関係ないですから。。

_____ウイキペディアより_________
ミンスキー・モーメント(ミンスキーの瞬間)とは、信用循環または景気循環において、投資家が投機によって生じた債務スパイラルによりキャッシュフロー問題を抱えるポイントである。
このポイントにおいて、どのカウンターパーティー(金融取引参加者)も事前につけられた高い提示額に対して値をつけることができず、大きな株の投げ売りが始まる。
その結果、市場決済資産価格の突然かつ急激な崩壊、市場流動性における急激な落ち込みが発生する。
_____________________________


去年、竣工した1階RC、2~4階木造物件。
予算関係の個人的な事情があって、こんな構造になってしまっております。

耐用年数どうなるのだろうと思っておりました。

今回、所有法人の決算で、加重平均が求められて、29年となりました。

床面積と構造別耐用年数(RC47年、木造22年)を乗算して加重平均を求めるとのことでした。

今回、融資金融機関には、無条件に30年で融資を受けましたが、一応、劣化等級2級を取得しました。

等級2の場合、築年数50~60年くらいまで長持ちするように対策が、講じられているということなのですが、どうなんでしょう。

投資としては、失敗作(?)で、キャッシュフローも、たいして得られないので、金融機関にも数年したら売却してよい(担当者が、支店異動してからねw)と言われているので、売却しちゃおうと思っておりましたが、家賃も高くとれるし、愛着が生まれてきました。

客層が、特長的です。

ヨーロッパ系外国人夫婦もいるし、
訳ありそうな2人組もおりますし、
年収700万円の新入社員(残業代が、物凄いらしいw)
にも、入居していただいております。


私の好みで言うと、経費率が低いのが嬉しい。


山手線内にあるので、相続物件としては、人気ありそう(償却もそこそこ長期で取れて値落ちしそうもない)です。

東〇リバブルからは、面識ある方も含めて、5支店から“売らないか”DMが来ます。

土地が、比較的狭い新築・築浅関係ばっかし所有しているので、担保価値が出ず、融資環境が悪くなると金融機関から全く相手にされなくなるのが、“いとをかしい”最近です。

/ ̄\      
│田│ ▲ ▲▲▲ ブログランキングの応援よろしくお願いします^^
┴─┴ ┴ ┴┴┴――――――――――――――――――――――



(了)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丸山 晶

Author:丸山 晶

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資(アパマン投資)、株式投資(スインングトレード)、ネットコンテンツ投資(B to B関連)を実践。
不動産所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、9棟 123室、満室想定家賃は、約1.3億円強/年。


フリーエリア

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: