家賃下落の道程 - shikon(丸山 晶)の投資譚
FC2ブログ

記事一覧

家賃下落の道程

こんにちは、shikon(丸山晶)です。


クリック応援よろしくお願いします。   

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、とうとう日本国にも緊急事態宣言が発令されました。

米国や仏国と違って、強制力のない緊急事態宣言。

不要な(?)外出しても罰則ありません。


欧米の罪の文化と違い、日本の恥の文化。


日本国民の底力が試されているのだと思います。

解除するのも政治的判断難しそうです。




不動産賃貸業も、じわじわ試練をこれから迎えそうです。
影響少ないように思われがちですが、簡単に辞められないですからね。


民泊系、テナント系、商業ビル系に比べてレジデンシャル系は、影響少ないでしょうが、そもそも、より低利回りで運営している場合が多く、結構、大変なのかもしれません。

思い起こせば、リーマンショックの直前に、物件を購入して、不動産賃貸業を始めた私、、、
リーマンショック、311大震災を経て、家賃下がり続けました(;д;)

購入したときは、東京の奥地の大型単身RC物件だけで生活できるじゃない、と悦に入っておりましたが、とんでもなかったことを思い出しました。


当時、ベテラン大家さんに話を伺った時に、以下のように言われました。
『経済危機があると、単身物件だと、2年ぐらいかけて家賃下落する。1年目は、余裕のない投資家系が、募集条件(礼敷の条件、家賃)を下げて、2年目に、地主系が、追随してくる。期間が長いファミリー系は、3年程度かけて家賃を下げていく。』

とのことでした。

当時、実際に、管理会社に聞くと、東京西部地区で家賃10%程度下がった とのこと。

そんな感じで、私の物件も5年で平均家賃12%程度下げました。
家賃が下げ基調なのに、地主が、相続対策で新築アパートを建てる建てるで家主達は、豊作貧乏にww

売却済みですが、現在は、ゼロゼロ地帯(礼金0敷金0)となっております。
保有していても、なんとかなったと思いますが、ひもじい思いをしていたかも。


今回のコロナショックの影響は、“リーマンショック”+“311大震災”合わせたぐらいでしょうか?

退去する人は、減り気味になるが、それ以上に入居希望者が減り、空室期間が長くなるという影響も、前回の経済危機時には、ありました。

“311大震災”の時は、春から秋口まで、内見自体がなかったからな~。

先程、管理会社の方とも話して、今回も、東京地区では、

『環七の内側で、5%、郊外で10%ぐらい2~3年かけて下落すると見ておくのが妥当ではないか?』

とのことでした。

他人事なので、言うこと厳しめか?

今回、テレワークの影響もありそうだし。。。



/ ̄\      
│田│ ▲ ▲▲▲ ブログランキングの応援よろしくお願いします^^
┴─┴ ┴ ┴┴┴――――――――――――――――――――――



(了)

コメント

No title

どうなるんですかね・・・
なるようになると思って、とにかく毎日のルーティンは守るようにしていますが・・・

滞納が出始めると厄介だと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丸山 晶

Author:丸山 晶

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資(アパマン投資)、株式投資(スインングトレード)、ネットコンテンツ投資(B to B関連)を実践。
不動産所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、9棟 123室、満室想定家賃は、約1.3億円強/年。


フリーエリア

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: