投資には、アナロジー思考が必要? - shikon(丸山 晶)の投資譚
FC2ブログ

記事一覧

投資には、アナロジー思考が必要?

こんにちは、shikon(丸山晶)です。


クリック応援よろしくお願いします。  

株式市場は、ロボット投資家とパチンコできずギャンブル好きな個人しかいないような感じで、不規則な動きを続けておりますw

大口投資家は、日銀だけ?

完全な“運ゲー“状態なので、基本、休場しております。


旅行に行くとしても、東京ナンバーは、バイキン扱いされそうなので、自宅と事務所に籠って生活しております。

最近、読書を良くしております。

昨日、読んだ本は、以下。

『メタ思考トレーニング』(PHPビジネス新書)2016年   細谷 功 著




“地頭力” という言葉を、創造した、ビジネスコンサルタントの細谷功さんの本

なかなか示唆に富んだ本でした。

〇一つ上の視点から物事を俯瞰して眺めることで新たな発想を生み出すがメタ思考をせよ

〇論理的思考という連続的な思考方法でなく、複数の個別事象の共通点をパターン認識して共通認識を生み出し(抽象化)、過去の経験や知識と結び付けて新しい分野の知見を得る(具体化)アナロジー思考が、不連続的な発想を生み出す。


2番目は、論理的思考で積み上げて考えるだけでなく、想像力を働かせたアナロジー思考で、不連続な飛躍的な発想が、重要であるとのことです。


世界で、投資が下手くそと言われる日本人とドイツ人w
積み上げの論理的思考は得意だけど、想像力を働かせた非連続的なアナロジー思考が苦手だからなのでしょう。

論理的思考だけだと、大きく失敗するのが、投資の世界。
九勝一敗で、退場なんていうことがよくあります。

数字だけ追っていると、大きな落とし穴に、、、、

不動産投資だと、例えば、
『積算評価が高くフルローンが出る物件だからよい物件だ!』

という知識をベースに、論理的思考で、物件選びをしても必ずしも成功しない、というかうまくいってない方が多いように感じます。

そもそも、積算評価なんて、国が税金計算するために勝手に作った路線価(公示価格)と各銀行が勝手に設定した建物の再調達価格で計算したもでのすからねw

将来の空室率(現在もか)等、正確な数字は、誰もわかりませんが、人間弱いので、積算評価という計算できる数字に、縋り付きたくなってしまいます。

福沢諭吉の独立自尊、知識をベースに自分自身で考える、、、それも論理的思考だけでなく想像力を働かせながらアナロジー思考でも考えることが、重要なのかもしれません。


/ ̄\      
│田│ ▲ ▲▲▲ ブログランキングの応援よろしくお願いします^^
┴─┴ ┴ ┴┴┴――――――――――――――――――――――


(了)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丸山 晶

Author:丸山 晶

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資(アパマン投資)、株式投資(スインングトレード)、ネットコンテンツ投資(B to B関連)を実践。
不動産所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、9棟 123室、満室想定家賃は、約1.3億円強/年。


フリーエリア

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: