タワーマンション節税 - shikon(丸山 晶)の投資譚
FC2ブログ

記事一覧

タワーマンション節税

こんにちは、shikonです。


タワーマンション節税。。昨年、話題になりました。

相続税の基準価格となる相続税評価額と実際の価格に差があるので、相続額を圧縮するために、被相続人が、生前に購入するものです。

差が、大きい高層階のほうが、効果が大きいと言われております。

上記に対して、税務当局が、悪質な場合は、認めないという記事が、昨年出ておりました。

個人的には、これぐらいは、認めてもよいのでは?という気もします。
そもそも、認めるかの線引きも難しいものがあります。

タワーマンションのデベロッパーの話では、住居というよりセカンドハウスという意味合いでの購入の方が、多いようです。

特に、住居を別に所有して、子供が2人いたりすると、相続の時に、分割するのが、難しい(資産の殆どが、住居の場合が多い)ために、購入する方もいるとか。




若い方は、知らないと思いますが、1980年代のバブルの頃も、変な節税が流行りました。

東京都心で流行ったのですが、ビルの1室に、住めば、相続税評価額が半分になるというものです。
※現在、このスキームは、無効です。

今でも、東京都千代田区の平河町や内神田には、最上階が、住居になっている小型ビルがたくさんあります。
その当時の名残です。


安易な相続税対策は、暫くすると封じられることも多いので、気を付けたいですね。




日経平均は、昨年安値を割って、ジリジリ下げてます。

大きな売り玉があるわけでなく、買い主体がおらずの下げ。

反転のきかっけは、何になるのでしょうか。

/ ̄\      
│田│ ▲ ▲▲▲ ブログランキングの応援よろしくお願いします^^
┴─┴ ┴ ┴┴┴――――――――――――――――――――――



(了)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丸山 晶

Author:丸山 晶

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資(アパマン投資)、株式投資(スインングトレード)、ネットコンテンツ投資(B to B関連)を実践。
不動産所有物件は、東京都区内と名古屋市内に、9棟 123室、満室想定家賃は、約1.3億円強/年。


フリーエリア

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: